最後の記事となる今回ですが、病理医という存在についてある程度ご理解いただけたのではないかなと思います。 ”病理”を扱う医者というのは一体...