最後の記事となる今回ですが、病理医という存在についてある程度ご理解いただけたのではないかなと思います。

”病理”を扱う医者というのは一体どういう存在なのか

そこで、改めて”病理”を扱う医者というのは一体どういう存在なのかということについて、最後に少しまとめたいと思います。

そもそも病理医とは、病理解剖や細胞診断などを行うということで、要は診断領域におけるエキスパートと呼べる存在です。

そのため、一人前になるためには実に幅広い知識と経験が必要ですし、病理学的研究を十分に行う必要もあるでしょう。

通常、患者の容態等を診断するのは臨床医の役割ではありますが、最終的な診断をはっきりと下すことができるのはある意味では病理医であると言えるのです。

治療における治療効果を判定することまで行うのですから。


正に医者の中の医者と呼べるのではないか

病理医としてキャリアを積まれている方の中には、実験病理学的研究を行う方も少なくありません。

この場合の多くでは、提出された標本を集め、分析、病理組織診断基準の作成り、病態把握の再検証、予後判定など、実に様々なことを検討する臨床病理学的研究を主な業務として行うこととなります。

様々な診断結果を用いて臨床医との連携を行うことも行う病理診断医は、正に医者の中の医者と呼べるのではないでしょうか。