病理診断科が一体どのようなことをしているのか

ここまでに病理医の主な仕事内容やライフスタイルについて、病理医になるにはどうすればいいのか、また、病理医になった場合にはどういったキャリアパスを選択することができるのか、様々な角度から病理医についてお話をしてきましたが、皆さんはまだ主たる業務を行っている「病理診断科」が一体どのようなことをしているのか、どのような役割を持っているのかということについてはご存じではないでしょう。

そこで、本記事では病理診断課における診断病理医の業務、役割等について簡単にご説明させて頂きたいと思います。


簡単に言えば「治療しない医師」と言えるのでは

まず病理診断科における診断病理医は、簡単に言えば「治療しない医師」と言えるかもしれません。

細胞診断として、異常な細胞を顕微鏡などを用いて検査を行い、病変の推定を行う。あるいは組織診断として、生検や手術材料について、病変の有無であったり、病変の種類などについて診断を行っていく。

皆さんもご存じの病理解剖の業務や、術中迅速診断として、手術中に採取された材料より、適切な手術範囲や治療方法を決定するための診断を下すなどの業務を担っているのがこの診療科目です。

こういった業務の質ですので、医療機関によってはセカンドオピニオン外来を設置し、そこで病理医が改めて診断を行うというケースも少なくありません。

病理医による診断は、原因などを特定するためのほぼ最終決定とも言えます。

そのため他の病院で行われた診断に疑問のある方などが、セカンドオピニオンとして頼るのが診断病理医という存在なのです。