さて、ここまで読んでいて皆さんはふと疑問に思われませんでしたでしょうか。

病理医になるメリットとは

何故それほど病理医への転職を勧めるのかと。その答えは簡単です。

病理医になるにあたって、それ相応のメリットが存在しているからに違いありません。

では、病理医になるメリットというのはどういったものになるのでしょうか。その内容について少しお話しをしたいと思います。

まず、現状を少し説明させていただいますと、病理科には女性病理医がとても増えてきています。

これは簡単に言えば女性が働きやすい環境であると言い変えることができるでしょう。

そして、その理由は次の通りとなります。


時間を自分の裁量である程度使い分けることができる

まず第一に、病理医はプライベートにおける時間の自由度が高いのが最大の特徴。

勤務に際して、臨床医ではありませんので、夜勤や当直といったものもありません。

また、研究分析に近い業務を日々行っていることから、時間を自分の裁量である程度使い分けることができるというのも魅力です。

また、表に立って人と折衝しあうような機会もそれほどありません。つまり人間関係のストレスも少ないと言うことです。

通常、女性医師であれば結婚や出産、育児等がありますので時間の制限によって勤務が難しい状況となることも多いのですが、確かに病理医であればスムーズに両立させることも難しくはないのでしょう。